ー 校長あいさつ ー

 本校は、「福島県立保原中学校」を前身とする「福島県立保原高等学校定時制課程」と「福島県立福島第二高等学校」を前身とする「福島県立福島中央高等学校」の素晴らしい伝統と校風を継承する、県北地区唯一の定時制普通科高校「福島県立ふくしま新世高等学校」として、今ここに新たな歴史の第一歩を踏み出しました。                       

 本校は、これまでの夜間部を継続しつつ、県内初となる夕間部を新たに導入し、二部制の定時制高等学校となりました。また、単位制や通常4年間のカリキュラムを3年間で修得できる三修制を導入することで、進学から就職まで、幅広い進路希望に応える学校となりました。「自立・協働・創造」の校訓の下、自立的・主体的に行動し、多様な仲間と協働しながら、新たな未来を切り開き、社会に貢献できる人材を育成するため、生徒一人一人を大切にする丁寧できめ細やかな教育を展開してまいります。

 このような教育方針の下で学ぶ生徒たちを象徴しているのが、校章に用いられている「つばき」です。この渡利地区は、椿が自生する土地であり、地区の南側に位置する弁天山も通称「椿山」と呼ばれております。椿は百年の冬も持ちこたえる強さを持ち、厳しい冬を乗り越えて春に花を咲かせることから、この新たな学び舎に通う生徒には「めまぐるしく激変する社会の中でも強くたくましく生きてほしい」という願いが込められております。

 終わりに、開校までご支援いただいたすべての皆様方、旧福島県立保原高等学校定時制課程、旧福島県立福島中央高等学校をこれまで支えていただきました先輩方、地域の方々に心より感謝申し上げますとともに、「福島県立ふくしま新世高等学校」に対する変わらぬご支援をお願いして校長あいさつといたします。

                 令和4年4月 

                 福島県立ふくしま新世高等学校長 味原 正美

学校経営・運営ビジョン