学校ブログ

特別講座「地域社会研究」(第3回)

 

 ▲ 八幡神社(市有形文化財)         ▲ 飯坂の碑             ▲ 旧堀切邸 主屋(奥座敷)

 ▲ 旧堀切邸 十間蔵             ▲ 推定樹齢260年を超えるケヤキ   ▲ 旧堀切邸 手湯

 ▲ 鯖湖湯                                  ▲ 十綱橋(遠方は信夫山)      ▲ 十綱橋(国有形文化財)

第3回目は、飯坂の街が抱える課題と歴史的魅力を学ぶために、フィールドワークを実施しました。

飯坂町史跡保存会の 安斎 鉄夫 様と福島市文化財保護指導員の 阿蘇  力 様にガイドを依頼しました。

飯坂学習センターで「しゃがむ土偶」(飯坂町東湯野の上岡遺跡出土)に関する説明を聞いてから出発、

八幡神社、旧堀切邸等を見学して、ゴールは飯坂温泉駅前の十綱橋(1915年完成の日本最古級の鋼アーチ橋)。

参加生徒は「身近な場所にも“ 歴史 ”があり、それをみんなで守っていくという強い思いを感じることができた」

 と話していました。

歴史ある飯坂を、心ゆくまで楽しんだ9月の旅でした―。